インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してちょうだい。歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。年々進化をつづけるインプラントの技術。

近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療をうけるようにしてください。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療をうけようとすれば国外までも捜しにいくことも十分あり得ます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修をうけています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてちょうだい。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってちょうだい。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれるのですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、ナカナカ自分では気付けないことがあります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診をうけるようにしてちょうだい。

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを創る歯科技工士の卓越した技術を欠かすことは出来ません。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いといえます。よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はお勧めしたい治療法です。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いといえます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼすべて保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、手間がかかると供に、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。インプラントをあごの骨に埋め込むに限らず、インプラントと周りの歯がなじんでうまく噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。

もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、すべて自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。確定申告(上手に節税することで、納める税金の金額を減らすこともできるでしょう)することで始めて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告(上手に節税することで、納める税金の金額を減らすこともできるでしょう)をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材から創られています。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。何知ろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

大まかな相場はありますので、心配しないでちょうだい。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。決定的なちがいは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特性ということになります。入れ歯や差し歯に替る技術として注目されているインプラント。その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。セラミックとは要するに陶磁器であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を創る歯科技工士の技術によるのです。綺麗な歯を創るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はおもったより大きいというべきでしょう。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。

そのプロセスにおいて、タバコ(ニコチンには依存性があるため、一度習慣になってしまうとなかなかやめられないでしょう)にふくまれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。

希望すれば誰でも、インプラント治療をうけられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

けれども、その訳が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。

現在可能な最先端の治療がうけられるかどうか、捜して、問い合わせてみましょう。

ごく普通の歯科医院で、外来診療をうけての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。

院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてちょうだい。

まず始めに人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってちょうだい。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。インプラント治療も万能ではなく、基本的にはさまざまな事情から、他の治療がうけられない患者さんに最適な治療方法になります。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの訳でインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。

入れ歯に比べ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いものですが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアをつづけなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。

そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと願望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせてつかいわけられています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてちょうだい。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すのは必須です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。利点も多いインプラントですが、治療をうける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

それは、治療をおこなう歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察をうけてちょうだい。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、すべて自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はおもったよりありますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診て貰わなくてはなりません。

食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してちょうだい。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをして貰えば完璧です。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。費用も見積もりを出してもらい、すべて自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

引用元